「のくせに」「そのくせ」という言葉を使わない


年頭に今年の口癖は「よしっ!」に決定したわけですが、実践してから1ヶ月ほど経ちました。

使ってみての感想ですが、「すっごいイイ感じ」です。

なんでしょうね、やっぱり言葉で発すると自然と気持ちが前向きになり、行動がそれに伴ってくる感じ。

いやー、口癖は本当に大事です。

さて、そんな言葉に対して、最近気をつけていることがあります。

それは、「のくせに」「そのくせ」という言葉を使わない。 です。

いわゆるマイナスイメージが沸く言葉ってあると思うんですね。

その代表的な言葉の2つがこの「のくせに」「そのくせ」だと思っているのです。

例えば、
「本当にアイツは、男のくせに、○○だ。」
「アイツは仕事が遅くて、そのくせ○○だ。」
こんなイメージ。

こんな会話をしている人がいたら、非常に嫌な感じがします。

舌打ちもそうですが、聞いている(聞こえている)周りの人が嫌な気持ちになる行為は、したくないものです。

こういった心がけ1つで職場の環境ってすごく変わると強く思うのです。

今日、やったこと。
【「のくせに」「そのくせ」という言葉を使いませんでした。】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.