「お部屋探しは”まず”CHINTAI!」のCMがスゴイ。


最近、気になっているCMがあります。

それは、CHINTAIのCMです。

加藤あいさんが、「お部屋探しは"まず”CHINTAI!」というのが、特徴的。

なぜ、気になっているかというと、このCMのコンセプトの割り切りに感心したからです。

普通、CMといったら、我社の商品をいかにすばらしく伝えるのか?をベースに考えるかと思います。

今回の不動産情報を扱うCHINTAIであれば、物件数が多いとか、スピーディーに探しますとか、親身になって探しますとか、店舗が多いのでお住まいの近くに必ず支店がありますとか。

でも、CHINTAIのCMは、そんな説明はありません。

ただアピールしているのは、とりあえずお部屋を探したいと思ったら「まず」CHINTAIと思ってもらいたいということ。

部屋を探したい!と思った時に、次の行動が大事なのです。

どこがいいかな?と思い、ネットで不動産屋を探したり、最寄り駅の不動産屋に足を運んだりするでしょう。

ネットや最寄り駅には、競合他社が多数います。なので、ユーザーがその中に飛び込む前に、ぜひ弊社に!という姿勢。
競合他社が多いが故に、出てきたコンセプト。

CMにも、様々なやり方があるんだなと思いました。

今日、やったこと。
【CHINTAIのCMを見て、CHINTAIのサイトへいきました。】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.