味・コストパフォーマンスはいいのに、接客(サービス)が最低レベルだから、もう二度と行かない!と思わせる渋谷にある焼肉屋さんのお話



(写真は、イメージです)

自分で言うのもなんですが、自分は怒らない方だと思います。

でも、さすがにこの焼肉屋には、腹が立った。

というか、絶対に二度と行かない!と心に決めた。

こういう怒りは、一時的なものがあるので、すぐにブログに書かずに
寝かせていたんだけど、今後、自分はどんな事に怒っていたのかを
知りたいので、一応書き残しておこうと思います。

事の発端は、会社のメンバーとランチに焼肉に行こう!というところから始まります。

ノリ的に、初めてところに行ってみようという感じだったので、
「渋谷 焼肉」で上位に表示された焼肉屋に行くことに。

そのお店は、マークシティそばにある某焼肉屋。
食べログで、3.5点ぐらいのなかなかの評価のお店。

初めてのお店だったので、テンションが高まってたけど、
お店出た時のテンションの低さは、
言うならば「高低差ありすぎて耳がキーンとなる」レベル。

良いところは、いいお肉を仕入れているので、味は美味しく
それなりのコストパフォマンス。
店内もキレイです。

が、接客が最低でした。。。

お店選びの基準として、接客と味の比重は、7:3ぐらいの自分としては
ありえない。

よくこんな接客で、お店が続けていけるのかが不思議。
どう考えてもリピートする人なんていないと思うけど、
ほとんど一見さんなのかな?

帰りがけに、一緒にいったメンバーに聞いても
接客が悪かった、怖かったと言っていたので、自分だけではないんだと
一安心。

飲食店には、接客サービスを無視して味で勝負!という
頑固親父のお店とかはあるとは思いますが、
場所は渋谷。しかもマークシティのそばなんて
一般のOLさん達さんが普通に歩いている場所ですよ。
ぱっと見、全然そんなお店とは思えなく、一般的な焼肉屋だったんですがね。。。

では、どんな接客だったのか?

・店内がガラガラなのに、4名席に6名を通される
お店に到着するのが、ランチタイムが終わるギリギリの時間。
店内はガラガラで、6~8名席の席も空いており
もう新規のお客さんが来るとは、あまり思えない状況で、
6名を4名席に通されました。
もう2名掛けの椅子に3人座っているから、端の人は
おしりが椅子から出ている状況。
なにこれ、なんの苦行?
場所を移動させてくださいと店員さんに言おうと思っても
それを受け付けないほどの、店員さんのけだるいオーラ。
結局言えず、1つの七輪で6名が焼肉をするという
カオスな焼肉となりました。
全然、落ち着いて食べれない。
後々思ったけど、これは明らかに七輪の後片付けが面倒くさいから
4名席に通したと思う。そうとしか思えない。

・オーダーの取り方が雑
テーブルには、ランチメニューの紙があり、それを見て注文するんですが、
女性メンバーが、「ランチメニュー以外はありますか?」と聞くと
かなりキツく冷たく「ランチ以外はない」と言われる。。。
その言い方で、一緒にいたメンバーは「あ、ハズレを引いたな」と
確信したレベル。
そのあとに、
「じゃあ自分は、ロース&カルビ定食」と言うと
店員さんが、これまた、ぶっきらぼうに
「どっち?」と言います。
「ん?」と思っていたら、
メニューを持っていたペンで差し、
「どっち?」と再度聞き直します。
なんとロース&カルビ定食には、2種類の量のランチがあるらしく
そのどちらの量のロース&カルビ定食なのかを聞いて来ました。
えーーー!!!
そんな聞き方する?と度肝を抜かれましたが、
「じゃあ、◯◯グラムで。」と言いました。
普通はさー、
「◯◯グラムと◯◯グラムとがありますが、どちらになさいますか?」
とか言うんじゃないの?
それを「どっち?(原文ママ)」とかお客に言うようでは
接客が悪すぎます。
さらに、驚かせるのが、「どっち?」と聞いてきた店員さんは
バイトとかではなく、むしろ店長と思わせる方だったのです。
すべてが驚きです。

・スープぬるい
ランチタイムが終わる頃に行ったせいでしょうか?
スープがぬるかった。
でも、この頃には、このお店ならしょうがないよね・・・と
一緒にいったメンバーとアイコンタクトで意思疎通をとった。

・料理の置き方が雑
お肉が運ばれてくるんですが、これまた置き方が雑。
もうイラッとくるというより、呆れ始めた。

・おかわり自由のお店なのに、ご飯を切らす。でも、申し訳なさが無い
このお店もよくある「ランチタイムは、ご飯のおかわり無料」というお店でした。
で、「ご飯のおかわりをください」と言うと
「ごはん、終わったんで。(原文ママ)」
百歩譲って、ランチタイムが終わるころに行ったので、
ご飯が無くなったのは、よしとしよう。
前の時間に、大食いの人が来たのかな?
そんな時もあるでしょう。
でも、ご飯を切らしているんなら、さすがに申し訳なさそうに
言って欲しいものだ。
客を客と思っていないのかな?

・客に舌打ち
4名席に6名を通されたので、テーブルの上は、お肉やらサラダやらのお皿でいっぱい。
だから、サラダを食べ終えたお皿を、隣のテーブルに移動して
テーブル上の空間を少しでも広くしようとしていました。
近くに店員さんがいかなったので、隣のテーブルにお皿を置き、
店員さんが来たら、お皿をさげてもらおうとしたら、
お皿を下げるときに、まさかの舌打ち。
なんの舌打ちだったんだろう?
勝手に隣のテーブルにお皿を置くんじゃねーという意味の舌打ちにしか
聞こえなかった。
人間なので、お客さんにムカつくことあるかもしれないけど
聞こえるような舌打ちは、さすがにありえない。

・ランチ時間が終わった客の追い出し方が雑
自分たちがランチタイムが終わるころに入ったので、
次に来たお客さん2名に対して、ランチタイムが終了したので、
入店をお断りする場面を見たのですが、それもヒドかった。
「もう、ランチ終わったんで(原文ママ)」
あー、俺達だけに冷たい態度をとっていたんじゃなくて、
やっぱり、根っからそういう態度なのね。。。

・会計が雑
食べ終わる頃には、せっかく味は美味しいのに、
接客が残念だったね・・・と一緒に行ったメンバーと
ミニ反省会をして、そろそろ行こうかと思っていたところ。
女性メンバーが、「ヤバい!」と言うのです。
ん?思っていると
「私、一万円札しか持ってない!大きいのを出すとなんて言われるのか怖い!」
そんなこと思わせるお店って、どうなの?
メンバーにお金を借りる事も考えたそうですが、
逆にどんな対応を取るのか知りたいという考えもあったんでしょうか
結局、一万円札で
「大きくてすいません・・・」と申し訳なさそうに
支払ったところ、
無言でおつりを渡すという、最後まで期待を裏切らない接客ぶりでした。

==================

いやー、ヒドかった。本当にヒドかった。

絶対に行かない。

こういうDisる記事は、書きたくないけど
お店の人がこの記事をみて、味とコストパフォマンスはいいので、
改善してくれることを願います。。。
まぁ、もう行かないけど。

============
2013/02/20 追記
お店は、はてブより察していただけると幸いです。
味・コストパフォマンスは、すばらしいので、
ぜひ、最低限のサービスは確保していただけると幸いです。>店長さん

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


You can leave a response, or trackback from your own site.

3 Responses to “味・コストパフォーマンスはいいのに、接客(サービス)が最低レベルだから、もう二度と行かない!と思わせる渋谷にある焼肉屋さんのお話”

  1. […] 味・コストパフォーマンスはいいのに、接客(サービス)が最低レベルだから、もう二度と行かない!と思わせる渋谷にある焼肉屋さんのお話 | etekichi.com […]

  2. […] 田舎の飲食店もそろそろネットの評価を気にするべきだと思う 投稿日:2013年2月20日 | カテゴリー:田舎論 スポンサー広告 田舎の飲食店もそろそろネットの評価を気にするべきだと思う 気になるブログエントリーがあった。 味・コストパフォーマンスはいいのに、接客(サービス)が最低レベルだ… […]

  3. […] 味・コストパフォーマンスはいいのに、接客(サービス)が最低レベルだから、もう二度と行かない!と思わせる渋谷にある焼肉屋さんのお話 | etekichi.com […]

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.