「お前は、言葉の魔術師か!」と思わせるブログ「ナナオクプリーズ 百合男子ときどき腐男子」がスゴい!


「文章が上手なサイト その1」 清田いちる | コラム | Sony Select | VAIOパーソナルコンピューター | ソニー
「文章が上手なサイト その2」清田いちる | コラム | Sony Select | VAIOパーソナルコンピューター | ソニー

いやー、ブログには、まだまだ未知なるブロガーが埋もれているんですなー。

と思う「文章が上手なサイト」シリーズですが、そこにぜひとも入れてもらいたいブログを発見したので、ご紹介させてください。

そのブログの名前は、

nanaoku_20131128

ナナオクプリーズ 百合男子ときどき腐男子

星井七億さんが書かれているブログです。

この方が書かれたこの記事をまずご覧ください。

制約だらけの桃太郎 – ナナオクプリーズ

有名な桃太郎の昔話を様々な制約のある中で表現をするという記事。

・制約:「桃」「犬」「猿」「キジ」「鬼」等の使用禁止

昔々、あるところに高齢の男性と高齢の女性が住んでいました。高齢の男性が周囲より標高の高い地形へ剪定作業に、高齢の女性が細長い地形に絶えず水が流れる場所で衣類の汚れを排除していると、上流から大きな学名Amygdalus persicaが大仰な擬音と共に流れてきました。

「桃」という言葉を使わずにどうやって、
桃を表現するんだろう?と思ったら「!!!」という表現で釘付け。

この他にも
・制約:断定的表現及び信頼性の高い情報の禁止
・制約:怪談風に表現しなければならない
・制約:百文字以内に収めなければならない
・制約:五十文字以内に収めなければならない
・制約:十文字以内に収めなければならない
・制約:三文字以内に収めなければならない
・制約:一文字以内に収めなければならない
・制約:名詞・擬音・感嘆符以外の使用禁止
・制約:特定の嗜好を持ち合わせた読者層に向けた表現を用いなければならない

そしたらそしたら、もうこの制約の中で、なんとか表現しようとする様が、

何度も書き直したんであろう表現が

もがき苦しんだ姿が

なぜこんな制約にしてしまったんだ!という後悔が

見て取れるではありませんか!!(泣)

・・・。

お笑いは、緊張と緩和だと言います。

文章もそうなのかもしれません。

制約の中で表現された一字一句が、開放されるとき、初めて心に残る表現なのかも知れません。

もう、アナタは、天才か!言葉の魔術師か!!

そう思わざるを得ません。

そんな言葉の魔術師こと星井七億さんは、他にどんな記事を書いているんだろう?と
覗いてみると・・・。

驚愕!

そこは、宝の山でした。

「もしも矢沢永吉が桃太郎を朗読したら」

矢沢です。

昔々あるところに、お爺さんとお婆さんがワオワオしてたんだけどさ。

お爺さんが山へ柴刈りに、お婆さんが川で洗濯してたら、ビッグな桃が流れてきたわけ。

ドンブラコ、ドンブラコって。ノッてくれ、ノッてくれって。婆さんつい拾っちゃったのよ。

その桃を切ったらさ、赤ん坊が生まれたのよ。この時点でもう、スターの素質があったのかな。

もしも矢沢永吉が桃太郎を朗読したら – ナナオクプリーズ

さすがです!随所にYAZAWA節が刻まれた、ステキなstory!!

こんな面白い文章書けるんだから、そりゃー、ブクマも伸びます。

現段階で、376Users!!

そしたら、その記事が矢沢永吉ことYAZAWAにまで届く!!!

矢沢永吉にブログを読まれた話 – ナナオクプリーズ

矢沢永吉氏の実娘であり、歌手である矢沢洋子さんが、父の矢沢永吉さんにこの記事URLを伝えたんだそう。

すると・・・!!

yazawa_20131128

本人に届いた!!!しかも、心が広い!!

文才は、その手を止めません。


今度は、HIPPOP調に。そしたら、思いがけない展開に。

昔々あるところGrand Mother 洗濯してたんだ ここRiver

すると川上からドンブラコ 婆さんビックリ視界Black out

BigなPeach 婆さんはBitch 思わずWashの手を止めDash

持ち帰ったそのサイズはHeavy 割ってみりゃなんと中からBaby

早速命名「桃太郎」 名前はSimple is Bestだろう

桃太郎をヒップホップ調にしてみた – ナナオクプリーズ

なんなの!もうこの才能に嫉妬。

このステキな歌詞をみたら、他が黙っていない。

なんと、この記事をみた読者が、この歌詞を元に

本当にRAPにして、歌っちゃったよ!!

それが、これ!

momorap_2013128

これまた、才能へ嫉妬。天才は、天才を呼ぶの!?

類友?

津田大介さんが主人公のエロ小説まで

「そ、それはわかった。しかし、なんで俺は手錠をかけられているんだ?」

「え、総受け願望があるんでしょう?」

「ねえよ」

「僕、実は前々から津田さんのことが好きだったんです。二人で愛のタイムラインを作りませんか」

 ADの手が津田の身体に伸びる。

「お、おい! 何をするんだ、やめろ!!」

俺の大介がこんなに総受けなわけがない – ナナオクプリーズ

いやー、天才っているんですね。

これからも、星井七億さんが書いた文章で、爆笑したいと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.