オンライン英会話についてGoogleトレンドで調べてみたら、「オンライン英会話=DMM英会話」という図式が もうすぐそこまで来ているのかもしれない。


dmm_20150204

ほぼ毎日のようにDMM英会話で英語を勉強しているのですが、DMM英会話は最近オンライン英会話業界に参入してきました。

いままでは、このオンライン英会話業界は、どうだったのかを調べてみました。

オンライン英会話は、ほぼSkypeを使うので、
「オンライン英会話」「Skype英会話」「スカイプ英会話」も調べてみたところ、
ほぼ「オンライン英会話」でみな検索しているよう。

2007年から、業界を確認していきましょう。

DMM英会話が登場する前、つまり2013年以前は、「オンライン英会話」「レアジョブ」のクエリ数がほぼ同数。

オンライン英会話は、レアジョブと共に成長してきた過程がみてとれます。

しかし、2013年にDMM英会話が新規参入。

それとともに、「オンライン英会話」のクエリ数も減り、あたかも
「オンライン英会話」のクエリ数が「DMM英会話」になったようにも見えます。

2014年はじめ、DMM英会話のクエリが飛び跳ねています。

2014年にフォーカスしてみましょう。

2014年4月~2014年7月に大きな山があります。

この時期は、DMM英会話は、半額キャンペーンを延長したり、100万レッスンを突破し、無料体験レッスンを増量したりと検索が集中。

半額キャンペーン延長のお知らせ
100万レッスン突破記念。無料体験レッスン増量キャンペーン!

2014年後半は、「オンライン英会話=レアジョブ=DMM英会話」となり、
新規参入2年でここまで上り詰めるだけのDMMの資産力はすごいなぁと思いますね。

レアジョブの2014年後半の失速具合やDMM英会話のCM露出を考えると
「オンライン英会話=DMM英会話」という図式が
もうすぐそこまで来ているのかもしれません。

英会話などの習い事を始める月は、4月からが多いので、その時期にどのように戦略を立てているかも気になりますね。

(DMM英会話が好きなだけで、一銭ももらっていません。)

でも、明らかなにコスパがいいので、みんな体験した方がいいと思う!



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.