アイドル戦国時代にみる松浦亜弥の偉大さ


アイドル横丁夏まつり!!2012」の参加グループ。

アイドルカレッジ
赤松唯
アップアップガールズ(仮)
アフィリア・サーガ・イースト
いずこねこ
OS☆U
ALLOVER
怪傑!トロピカル丸
CLEAR’S
小桃音まい
THEポッシボー
JK21
しず風&絆~KIZUNA~
Snow*Drop
青春女子学園
2&
Team くれれっ娘!
でんぱ組.inc
Tokyo Cheer 2 Party
Doll☆Elements
とちおとめ25
Dorothy Little Happy
9nine
バクステ外神田一丁目
mImi
BiS
B♭
ひめキュンフルーツ缶
フラップガールズスクール
Pretty Lemon
blue chee’s
predia
ベイビーレイズ
BELLRING少女ハート
ほいっぷ★Girls
WHY@DOLL
ライムベリー
愛乙女★DOLL
LinQ Lady
レナ
YGA

アイドル戦国時代。

こう考えると、松浦亜弥って、本当に偉大だったなぁ。

1人で輝ける逸材って、最近いないし。

1st ドッキドキ!LOVEメール 初動:26,720 累計:72,070
2nd トロピカ~ル恋して~る 初動:35,820 累計:64,490
3rd LOVE涙色        初動:75,470 累計:172,340
4th 100回のKISS      初動:64,370 累計:102,820
5th 桃色片想い       初動:132,110 累計:225,566
via.CD売上げデータ

松浦亜弥の全盛期は、2001年~2002年。時代は違えど、初動10,000もいかなかったフェアリーズを考えると、数字の面でも明確な差。

この時代に松浦亜弥が登場していたら、どうなっていたんだろうなぁ。

そう考えるだけで面白い。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.